最近の投稿

ホイール・アラインメントと角度

ホイール・アラインメントは自動車ホイールの整列具合をいいます。サスペンション、ステアリングが主な構成部品で、キャスター角、キャンバー角、キングピン傾角、トーイン、トーアウトと自動車にどのような角度で、取り付いているかで、表されます。角度の調整の目的は、自動車の走行安定性の向上です。サスペンションや駆動方式の違いによって、車種ごとにさまざまな角度で、自動車に取り付けられています。ホイールアライメントは、直進安定性、コーナリングの際の復元性能に関係してきます。走行抵抗の軽減によって燃費向上、タイヤの摩耗を抑制します。キャスター角は自動車を横から見た時の、操舵軸の角度のことをいいます。この角度があることによって、直進性の保持の役割を担っています。自動車を上から見たときタイヤの前端を内側に向けることをトウインと呼び、外側に向けることをトウアウトと呼びます。近年では通常の運転のする場合、あまり意識しない項目となっています。しかし、タイヤを縁石にぶつけたりなどして、直進安定性に違和感を感じたら、調整をする必要が出てきます。そのまま走行すると、タイヤのグリップ力の低下や、タイヤの摩耗を促進させてしまうでしょう。観葉植物04

コメントは受け付けていません。