最近の投稿

中古車査定に必要な書類一覧とは

中古車の売却では、売却を予定している中古車を買取店の専門スタッフが実際に見た上で買取金額の見積もりを出す「査定」の作業が最初に行われます。ユーザーは査定員から見積もりを聞き、納得すれば買取店との間で売却の手続きをとることになります。
中古車を査定に出す際に大抵の買取店で必要なものとして指定しているのは、自動車検査証(車検証)と身分証明書です。車検証は通常、車の車種や型式、サイズ、重量、走行距離、登録年月日などの情報が記載されていますが、これらは売却を予定している車の査定額を算出する際に重要な情報となります。また、車検証は車の査定時だけではなく、その先の売却手続きにおいても必要なものの一つですが、そもそも車の運転時には携帯するよう義務付けられているものです。何らかの理由により紛失・破損した場合はすみやかに車検証の再交付の手続きをとりましょう。
身分証明書は、車を保有しているのであれば運転免許証を所持しているはずなので、これを査定の日に提示できるよう準備しておけば良いです。
なお、車の売却手続きでは、車検証以外にも自動車賠償責任保険(自賠責保険)証明書や印鑑証明書など、多くの書類が必要となります。査定の段階で既に中古車を売却する考えをかためている場合は、この段階で売却手続きで必要となるものも予め準備しておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。