最近の投稿

スパークプラグ:小さいけれど大きな働きをしています

車のエンジンは吸入・圧縮・燃焼・排気の手順を繰り返すことで回転し続けます。この燃焼の部分ではスパークプラグと呼ばれる部品が利用されています。
吸入で酸素と気体ガソリンをエンジン内部に取り込み、圧縮で圧力を上げ、スパークプラグでこの酸素とエンジンの混合気体に着火します。その後、混合気体は爆発することでエンジンの回転力が発生します。
スパークプラグの着火にはバッテリーから供給される電気が必要となります。この電気を利用して火花を発生させることで混合気体に着火させています。この部品自体の大きさは長さ5~7センチほどの小さなものですが、エンジンを動作させて大きな力を発生させる重要な働きをする部品です。このスパークプラグが正常に動作しなかった場合、エンジンの燃焼という工程が実行されなくなってしまうためすぐにエンジンは停止します。また、エンジンの起動の際にも同様に燃焼を起こさなければならないため、この部品が動作しなければエンジンの起動すら実行されません。
このように、スパークプラグは車の走行には必要不可欠な部品であり、定期的な交換が点検項目に含まれていることがほとんどです。完全に動作しなくなってからでは遅いので早めの交換が必要です。ひまわり

コメントは受け付けていません。