最近の投稿

性能も寿命もアップ!新素材合金でスパークプラグがパワーアップ

自動車の心臓部分に相当するものはエンジンになりますが、エンジンは空気とガソリンによって動かすものとして知られています。しかし、ガソリンだけでは燃焼させることができないことになり、着火する役割を果たしているものがスパークプラグになります。ガソリン車の場合では特に重要なパーツになり、スパークプラグが破損している状態ではエンジン始動を行うことができません。一般的なタイプでは白金を利用した電極を持つものが使われていますが、パワーアップさせるための方法として新素材合金を使っているものがあります。新素材合金の場合ではプラチナ合金やイリジウム合金などを活用しているものが多く、従来型と比較するならば、耐高温、高強度を保っていることになります。本来であればスパークプラグは1分間に数千回もの発火を行っているものになり、非常に過酷な条件で使用されています。加わる負荷なども非常に大きなものがあり、耐久性が問われるパーツです。新素材合金のスパークプラグに交換した場合では、エンジンの始動が良くなることだけではなく、安定走行を行うこともでき、上り坂などでも効果を発揮させることができます。上手にガソリンを燃焼させることもでき、燃費の向上も期待することができます。花01

コメントは受け付けていません。