最近の投稿

災害時に役立つ!いざという時に備えて用意しておきたいグッズとは

車に用意しておきたい保安用品とはどんな物でしょうか。自分には関係ないとは思わず、パンクなどにも対処出来るよう必ず持っておくべき保安用品を紹介します。高速道路などでタイヤがパンクした場合、スペアのタイヤの他に後続の車に危険を報せたり、他車の走行を妨げないように非常停止板や発煙筒が必要です。発煙筒は踏み切りなどで車が動かなくなった時、緊急警報装置ボタンを押して報せると併せて、運転手から見えるように使用します。新車には装備されていますが中古車には付いていないので、万が一の時のために購入しておくべきです。そして、タイヤの交換には車を持ち上げるためのジャッキが要ります。女性は車のエンジンやどうして走るかなど構造には疎いものですが、現在の車は電子部品で全てを制御しています。ですからヒューズひとつが切れただけで走行不能になってしまいます。分からないからと放って措かずに、ガソリンスタンドのスタッフや車部品店の方などに尋ねて各アンペアにあったスペアのヒューズを一つずつ用意しておきましょう。さらに他にも潤滑油やLLC液・バッテリー補充液などがあると人里離れた場所へ行くような場合、安心して走ることが出来るでしょう。花03

コメントは受け付けていません。