最近の投稿

レシプロエンジンの特徴とは

犬04乗り物の動力源となるエンジンには様々な種類がありますが、その中でも最も多く利用されているのがレシプロエンジンです。シリンダーと呼ばれる金属製の円筒の中で燃料が爆発することでピストンが往復運動し、それをランクシャフトなどの機械部品によって回転運動に変換しています。ピストンの上下運動によって動力を得るため、ピストンエンジンやピストン機関とも呼ばれます。内部の構造や燃料が爆発する仕組みに違いはありますが、一般的に使われているガソリンエンジンやディーゼルエンジンも大きく分ければレシプロエンジンの仲間に入ります。ロータリーエンジンに比べて燃焼室の面積が小さく、燃焼室も移動しないため、爆発によって発生した熱エネルギーの損失が少なくてすみ、燃費が良いという特徴があります。吸入行程、圧縮行程、燃焼行程、排気行程の4つの行程を1つのサイクルとしており、ピストンの運動が上昇、下降の計2回で1つのサイクルが完結するエンジンを2ストロークエンジン、下降、上昇、下降、上昇の計4回で1つのサイクルが完結するエンジンを4ストロークエンジンと言います。一般的ではありませんが、1リットルのガソリンでどこまで走れるかを競う燃費競技の一部車輌において、6ストロークエンジンが使われています。

コメントは受け付けていません。