最近の投稿

オーバーヒートが怖い!夏場のドライブで怖いトラブルとは

夏場の車内は蒸し風呂状態になり、エアコンをつけていなければとても運転できる状態ではありません。そこでほとんどの人が車内ではエアコンをつけて快適に過ごしていることでしょう。しかし、自動車の運転中に「エアコンの効き目があまりよくないな。」と感じたことはありませんか。エアコンの温度を下げているのに、車内が全然冷えないと感じたらそれはオーバーヒートが原因かもしれません。自動車にオーバーヒートを表すサインが出たら、すぐに車を止めエンジンルームを開けて熱を逃がすことが大事です。そのままにしておくと、中から煙が出て大変なことになります。オーバーヒートのサインが出たら、ラジエーター液が不足していることが考えられます。自動車関連グッズを扱っているお店であればどこにでも置いてありますので、ラジエーター液を急いで補充しましょう。補充し終えたらサインも消え、エアコンの効きも元に戻るはずです。特にドライブ中のオーバーヒートは怖いので、遠出をする際には、ラジエーター液が不足していないか事前に確認してから出かけるようにしましょう。自動車に乗る前の点検は、長く大事に乗るためにも大切なことです。少しの手間で怖いトラブルを避けることができるのです。花08

コメントは受け付けていません。