最近の投稿

高速走行時やカーブでパワー不足による安定性に欠ける傾向

軽自動車は一般車道を走行する上では小回りも利き、しかも税金や保険なども安く済む面もあるため、購入費や維持費などの面でも優れている特長があります。それだけでなく、車体も小さく排気量も少ないことから燃費も良いので、ちょっと乗る上では最高の自動車となります。

ただ一方ではデメリット面も存在します。その一つに高速道路走行時やカーブ、坂道などでパワー不足による安定性を欠くケースです。

軽自動車は排気量が660ccと決められているため、燃費が少ない分、パワーが不足するのでアクセル全開で走行しても、1000cc以上の普通車に簡単に追い抜かれたりして加速度もかなり違ってきます。うるさいエンジン音がする割には振動も大きかったり、ふらつきも感じたりするので、明らかに高速道路や坂道などの運転では不利なのが軽自動車となります。

このように状況によっては走行時の安定性が欠けてしまうので、乗り心地としては普通車に軍配が上がることとなります。また加速度の度合いが違うことで、カーブを曲がるときにスムーズに曲がることが出来ないのも軽自動車です。

ただその分を小回りが利くことでカバーしている側面もあります。街中の一般道路を走行する上ではそれほど普通車との差を感じませんが、高速道路を利用して旅行するなどで遠出をするケースでは明らかに違いが生じることとなります。

コメントは受け付けていません。