最近の投稿

軽自動車の特徴と利便性について

軽自動車の特徴としては制限された規格の中で作られたものであるため、普通車と比較して絶対的な性能は抑えられているものの利便性の面などでは普通車よりも快適なことも少なくありません。

まず、排気量が660ccに制限されているのでパワーの面では普通車に劣るものとなってしまっています。
しかし、排気量が小さい分だけ燃費がいい車も多いため、普通車と比較して燃料代がかからずに住むという利点があります。
車体のサイズに関しても決まりがあるので、その分だけ車体も小さくまとまりがちですが限られた空間をギリギリまで利用できるように作られたものも多く、最近の軽自動車は車内も広々としているものが少なくありません。
ただし、安全性の面に関していえば普通車と比較をするとやはり劣るものとなっていて、衝突事故などを起こした時の車内の被害というのは大きなものとなりやすくなっています。

車体はコンパクトですが、車内は広くなっているので日常生活での近所の買い物に使用するといった用途であれば、非常に使い勝手がよく十分な積載量を持っているので安価に荷物を沢山運ぶ手段としては優れています。
このように軽自動車は一長一短がありながらも、便利な乗り物となっているのです。

コメントは受け付けていません。