最近の投稿

ディーラーに売る場合のメリット・デメリット

クルマの買い替えの際に、中古車の処分をどうするかを決めなければなりません。処分の方法には主に下取りしてもらう方法と買い取ってもらう方法の2通りがあります。下取りというのは、新車を購入するディーラーに、中古車を買い取ってもらうことを言い、昔からよく行われてきた中古車の処分法です。

下取りにはメリット、デメリットの療法があります。メリットはまず買取に比べると簡単であるということです。二つ目に新車を購入してもらいたいために、下取り額に色を付けてくれることがあるということです。中には廃車にせざるをえないような状態のクルマであっても、何とか値をつけてくれることが多いです。その間、お客さんは特に何もする必要がなく、中古車を買い取ってくれるのは大変ありがたいことです。

しかし、デメリットもあります。それは彼らは新車を売るのが専門であり、中古車を買い取るのには不慣れであることが多いことです。また、新車を安く見せるテクニックとして、中古車の下取り額の一部を新車の値引きに回すということもあるようですので、注意が必要です。これらの問題を避けるためにも、中古車は買取専門店で売却してしまうほうがわかりやすくてオススメです。

 

 

コメントは受け付けていません。