最近の投稿

2月, 2016

登坂時や積載重量が多い際などに加速が鈍る

高い経済性と取り回しの容易さで人気のある軽自動車ですが、良いことばかりというわけでもありません。
軽自動車の大きな欠点としてはパワー不足があり、どうしても普通車と比べてパワーが無いと感じる場面が少なくありません。
近所の買い物などに使用をするのがメインで、一人で乗ることが多いという場合にはそこまでパワー不足を感じることはありませんが、急な坂を登坂している時であったり大人が4人乗車をした時などに積載重量が多いときには軽自動車のパワー不足を大きく感じるということは多いものです。

まず、そのような時には加速力が大きく低下をして、どれだけアクセルを踏んでも前に進まないといった状態になってしまうことがあります。
絶対的なパワーが不足しているので、エンジンの音だけがうるさくなって車が前に進まないので急坂や積載重量が多いときには運転に気を使う場面が少なくありません。
ターボ車などであれば多少はこの傾向が改善されることもありますが、元々のパワーが不足しているので普通車並みというところまではいかないのも欠点の一つとなります。
このように軽自動車は排気量が少ないがゆえの、パワー不足が大きな欠点となっているのでよく理解しておくとよいでしょう。

高速走行時やカーブでパワー不足による安定性に欠ける傾向

軽自動車は一般車道を走行する上では小回りも利き、しかも税金や保険なども安く済む面もあるため、購入費や維持費などの面でも優れている特長があります。それだけでなく、車体も小さく排気量も少ないことから燃費も良いので、ちょっと乗る上では最高の自動車となります。

ただ一方ではデメリット面も存在します。その一つに高速道路走行時やカーブ、坂道などでパワー不足による安定性を欠くケースです。

軽自動車は排気量が660ccと決められているため、燃費が少ない分、パワーが不足するのでアクセル全開で走行しても、1000cc以上の普通車に簡単に追い抜かれたりして加速度もかなり違ってきます。うるさいエンジン音がする割には振動も大きかったり、ふらつきも感じたりするので、明らかに高速道路や坂道などの運転では不利なのが軽自動車となります。

このように状況によっては走行時の安定性が欠けてしまうので、乗り心地としては普通車に軍配が上がることとなります。また加速度の度合いが違うことで、カーブを曲がるときにスムーズに曲がることが出来ないのも軽自動車です。

ただその分を小回りが利くことでカバーしている側面もあります。街中の一般道路を走行する上ではそれほど普通車との差を感じませんが、高速道路を利用して旅行するなどで遠出をするケースでは明らかに違いが生じることとなります。

軽自動車の気になるデメリット

軽自動車は経済性に優れて、小回りがきくので取り扱いもしやすいというメリットがありますがその一方でデメリットも少なくありません。
まず、大きなものとしてはパワーが無いというものがあり最近の軽自動車は以前のものよりも快適に走行をすることができる様になりましたが、それでも絶対的な力不足を感じる場面というのは少なくありません。
街乗りをする程度であれば大人4人を乗せても、走るのが精一杯ということにはなりませんが峠道であったり、高速道路を走行する場合には非力さを感じる場合というのは多いものです。

ターボが付いているものであれば、この欠点をいくらかカバーすることができますがそうなると今度は軽自動車の利点の燃費が良いという部分が失われてしまうこともあるので、経済性を取るのか快適性を取るのかは人それぞれということになります。
次に安全性の問題があり、最近の軽自動車は安全性も高いといわれますがそれでもやはり事故を起こしてしまった時のダメージというのは大きなものとなっていて、事故の時のことを考えると安心できないというデメリットがあります。

しかし、軽自動車はこのようなデメリットを考慮してもメリットも多いのでよく検討をして選ぶようにすると良いでしょう。

車両本体価格のほか、税金・保険料・ガソリン代などのコストに優れている

日本独自の規格である「軽自動車」は、現在日本の自動車販売台数の4割以上を占めるほど人気が高まっています。平成27年4月の軽自動車税値上げ前は、増税前の「駆け込み需要」もあり特に軽自動車が多く売れました。一体なぜ、軽自動車はこれほどの人気があるのでしょうか。まず、軽自動車は普通車に比べて車両本体価格が安いことが挙げられます。軽自動車は新車でも100万円を切るものが多く、普通車に比べて割安感があります。装備などが充実している上級グレードであっても、200万円を切るものがほとんどです。また、普通車に比べて維持費が安いことも挙げられます。例えば、維持費の一つに当たる「軽自動車税」は、1年間で10,800円と普通車に比べて20,000円近く安く済みます。また、任意保険の保険料も普通車に比べて安く設定されています。そして、高速道路を通行する際も、普通車の8割の料金で済みます。軽自動車は、車両本体の価格だけでなく、維持費も安いのです。そして何より、燃費の良さは軽自動車の大きな強みと言えます。軽自動車の燃費は普通車のハイブリッド車並みのものが多く、リッター30キロを超える車がほとんどです。燃費が良い分、かかるガソリン代も安く済みます。軽自動車には実に様々なメリットがあり、近年の軽自動車人気を裏付けています。

車体が小さく取り回しが容易で人気

軽自動車の大きな利点のひとつに車体が小さくコンパクトなので、取り回しが楽だというものがあります。
軽自動車を選ぶ人の多くは、経済性を重視して選ぶことが多いものですが、使い勝手の面でも優れていて日常生活の足として考えるのであれば非常に便利な乗り物となってます。

日本は狭い国であるため道路の幅も狭く、運転をするのに気を使う場面が少なくありませんが、軽自動車であれば狭い道でも楽に走ることができるので、運転が苦手な人にも最適なものとなっています。
そして最近の軽自動車というのは車体自体は小さいものの、車内は広々としているので快適に乗車をすることができ、非常に乗りやすい車となっているのです。

頻繁に遠出をしたり多くの人を乗せたりする用途には向きませんが、最も使用頻度の多い近場の移動という面で考えると取り扱いの便利な軽自動車というのは非常に使い勝手位のいい車となっているのです。
このように軽自動車というのは維持費の面だけで有利なものではなく、車を道具としてみた場合にもとても使い勝手がよく便利な乗り物であるため、近所の移動手段として日常生活の足として車が必要だという人にとって最適な選択肢となっていて人気が高いものとなっています。

軽自動車人気の理由はメリットがたくさん

最近軽自動車の人気が非常に高まっていますが、それには軽自動車には数多くのメリットがあるためとなっています。
まず、一番大きな利点として経済性の高さが上げられあらゆる場面で、維持費がかからないのが人気の理由のひとつになっています。

軽自動車は税金面で優遇をされているばかりか、それ以外の部分でも燃費がよくお金がかかりにくかったり車両価格もそれほど高くないので、経済的だという利点があります。
部品もそれほど高くないので、故障をしたときの修理費が安く済んだり消耗部品の交換にもお金がかかりにくいので、メンテナンスもしやすいという利点があります。

維持費以外の面でもメリットがあり、まず車体自体が大きくないので取り扱いがしやすいという利点があります。
そのため、狭い道でも楽に運転をすることができるので運転が苦手な人であっても運転しやすいのが特徴です。
さらに車体自体はそれほど大きくないものの、車内の空間は広々と作られているので快適な車内空間があるというのも人気の理由となっています。
大人四人が乗ってもそれほど窮屈にはならないので、近距離程度の移動であれば十分に役に立ってくれるので、普段使いであれば不便さを感じないのも軽自動車のメリットとなっています。

範囲の広い規格サイズ

自動車の排気量や性能を決める各種部品は、車種ごとにいろいろなパーツを組み合わせるような方向で調節されています。最近は軽自動車の売り上げが著しく向上していることから、長さおよび幅を細かい段階まで設定していくような状況が見られるのです。さらにナンバーの種類も豊富な環境になっていくことから、範囲の広いサイズを意識しながら今後の開発をしていくことが大事なのです。具体的な規格についてはプロの目線でわかりやすく公開していることが想定されるので、将来的な売り上げや可能性を含めた選択を経営のトップは実行していくようにする部分が重要です。
その一方で人気のあるボディサイズは海外でも部品の受注争いが行われていることから、性能に見合う内容をいくつかピックアップする内容が大切です。自動車の要にもなるモーターの部分を改良することで、メンテナンスの周期や耐久性を向上させる方向にも結び付けていく可能性が生まれていきます。排気量については環境への配慮も冷静に見ていくことが大事な側面になっており、また新たな方針を持って社会へ還元していくようにする意識が重要です。自動車にまつわる情報を見ながら、今後の展開を探っていくことが大事なのです。

生活の足として、セカンドカーに軽自動車を購入する例が多いらしい

週末に家族でドライブに出掛ける時は大型の乗用車に乗るとしても、平日の通勤やショッピングに利用するなら小さな軽自動車でも十分でしょう。セカンドカーをお探しの方は軽自動車に絞って探してみてはいかがでしょうか。
軽自動車を購入することのメリットは色々ありますが、何と言ってもコストの安さが一番のメリットと言えます。通勤は一人しか乗りませんから、小さい車でも立派な足になります。毎日通勤で乗る方は燃費が気になるでしょう。大型の乗用車と比べて軽自動車は非常に燃費が良く、少ない金額でガソリンを満タンにすることができます。
車を所有していると一定期間ごとに車検を受ける必要がありますが、この時も軽自動車の方が費用を安く抑えられます。さらに毎年支払わなければならない自動車税の金額にも大きな違いが出てきます。乗用車の場合は高額な税金を支払うことになりますが、軽自動車なら三分の一程度の税額で抑えることができるので、家計の負担になりにくいのです。
費用面でのメリットだけでなく、駐車場が探しやすいことや小回りがきくとい点も魅力的です。コンパクトな軽自動車は少ないスペースに駐車できるので、月極駐車場やコインパーキングが見つかりやすいと言えます。

軽自動車の特徴と利便性について

軽自動車の特徴としては制限された規格の中で作られたものであるため、普通車と比較して絶対的な性能は抑えられているものの利便性の面などでは普通車よりも快適なことも少なくありません。

まず、排気量が660ccに制限されているのでパワーの面では普通車に劣るものとなってしまっています。
しかし、排気量が小さい分だけ燃費がいい車も多いため、普通車と比較して燃料代がかからずに住むという利点があります。
車体のサイズに関しても決まりがあるので、その分だけ車体も小さくまとまりがちですが限られた空間をギリギリまで利用できるように作られたものも多く、最近の軽自動車は車内も広々としているものが少なくありません。
ただし、安全性の面に関していえば普通車と比較をするとやはり劣るものとなっていて、衝突事故などを起こした時の車内の被害というのは大きなものとなりやすくなっています。

車体はコンパクトですが、車内は広くなっているので日常生活での近所の買い物に使用するといった用途であれば、非常に使い勝手がよく十分な積載量を持っているので安価に荷物を沢山運ぶ手段としては優れています。
このように軽自動車は一長一短がありながらも、便利な乗り物となっているのです。

維持費が安く取り回しが容易と人気の軽自動車

軽自動車の人気の理由はなんといっても、コストがかからないという点にあります。
まず、車両価格自体がそれほど高いものではありませんから、普通車を購入する場合に比べて最初にかかる費用が少なくて済むます。
そして、次に維持していくにもお金が余りかからないものとなっていて、代表的なものとしては税金があります。
普通車の税金と比較しても半分以下となっていますから、税金の面でもかなり優遇された乗り物となっています。
税金面だけでなく、排気量がもともと大きくないことから燃費がいい車も多いので、燃料代が余りかからないという点で維持費が少なく済みます。

費用の面だけでなく実際に使用をする場面でも利点の多いものであり、取り回しが良いので狭い場所に住んでいる人であったり運転が苦手な人でも運転をしやすいという利点もあるのです。
特に日本の道路というのは狭い道が多いので、普通車よりも軽自動車のほうが走りやすい場所というのが多いため、日常生活で使用する分には軽自動車は非常に優れたものとなっています。

このように軽自動車というのは維持費も安く、車を道具よしてみた場合に非常に使い勝手のいいものとなっているため、多くの人からの支持をえているのです。バラ01