最近の投稿

1月, 2016

瑠璃光寺五重塔の魅力

山口県山口市の市街地を見渡す、やや高台になった場所に位置するのが、市のシンボルである瑠璃光寺五重塔です。この瑠璃光寺五重塔は、国宝に指定されており、奈良の法隆寺五重塔、京都の醍醐寺五重塔とあわせて、「日本三名塔」のひとつに数え上げられています。この一帯は、かつては守護大名の大内義弘が一族の菩提をとむらうために建てた別の寺院のものでしたが、その後に瑠璃光寺が移転してこの場所に落ち着いたため、瑠璃光寺五重塔としてその名をとどめることになったものです。瑠璃光寺五重塔は、上の層に行くにつれて細くなって見えるというシルエットの美しさが特徴となっていて、池のある庭園のなかにたたずむ姿は全国からおとずれた多くの観光客の心をとらえています。冬季には雪吊をした庭園の樹木のバックに、うっすらと雪化粧をした瑠璃光寺五重塔を見ることができ、格別のおもむきがあります。周辺には国の史跡および名勝に指定されている雪舟庭をもつ常栄寺や、大内氏の居館跡がある龍福寺などの見どころも多いほか、詩人の中原中也の出身地でもある湯田温泉でゆったりとくつろぐといったこともでき、まさに山口県の観光を代表するスポットということができるでしょう。空-稲妻

必見!帯石観音で食す季節の味覚

山口県の瀬戸内海に面した周防大島町にある帯石観音は、山口県のドライブコースとしても最適なスポットです。そこは平安時代の弘法大師に縁のある観音堂、巨石に南無阿弥陀仏と刻まれた巨石があり、安産祈願でも名高い観光スポットです。

安産祈願としての由来は、岩の帯を巻いた筋が妊婦の身に付ける腹帯に見えることからです。常時、安全のための祈祷を受け付けており、5,000円から祈祷料を包んで、お守りと紅白の餅が授与されます。

帯石観音のある嵩山やその地域周辺は、春季は桜が咲き乱れ、秋季は紅葉が美しいため、祈祷以外でも見所が満載のスポットです。特に春季はしだれ桜・八重桜、秋季は色鮮やかな「影迎の楓」が有名となります。

なお帯石観音より少し自動車を走らせた場所の瀬戸内海に面した地域では、山口県の海の幸を味わうことが出来るレストランや料理屋も数多く揃っています。秋季から冬季にかけてのシーズンでは、山口県でも有名なふぐ料理を堪能することも可能で、本場のふぐ料理を味わいたい方にとってもおススメのスポットが、帯石観音でもあります。

それだけでなく、島全体をドライブするのにも約2~3時間程度で回る事も可能で、道路沿いから瀬戸内海の海の景観を眺めながら走行できるのも優れています。海と夕日

ご機嫌!須佐湾まったり旅

須佐湾は、山口県萩市の須佐地区あたりの日本海が陸側に入り込んだ小さな湾のことで、国の名勝および天然記念物としての指定を受けています。この一帯は北長門海岸国定公園に属していますが、そのなかでも北端にあたる場所です。萩市と益田市を結んでいる国道191号がちょうとこの湾を含む日本海沿いを走っているため、青空のもとでの夏季のドライブはかなりの爽快感があります。須佐はその名前からもあきらかなように、出雲神話に登場する須佐男命とは縁が深いところですが、現在では神話にあやかった「須佐男命いか」というブランドをもつケンサキイカの水揚げがさかんです。新鮮なものを刺し身にすると、適度な硬さの食感とにじみでる甘みが絶妙で、この界隈の食堂などでいただくことができます。また、ご当地萌えキャラの「海野みことちゃん」が出迎える須佐駅と一体になった「ふれあいステーション須佐」では、名物の赤米バウムクーヘンやイカスミアイスなどの変わったグルメが楽しめます。須佐湾といえば、美しい縞模様の断崖が海沿いに広がる景観の「須佐ホルンフェンス」も有名で、ちょっとした観光スポットになっています。また、イカ釣り漁船で湾内を周遊する「須佐湾遊覧船」、タイなどが釣れる「須佐湾フィッシングパーク」などもおすすめです。海-クジラ

なにがいいかな?府谷の芝桜のお土産情報

春季ののどかな山間にある府谷の芝桜は、息を飲むほど美しい景色が堪能できます。菜の花や水芭蕉・そしてソメイヨシノや枝垂れ桜など、様々な色の競演が迎えてくれるはずです。そして錦町へ行かれたならば、国道18号にある道の駅ピュアラインにしきへお寄りください。府谷は清流で育ったわさびと、寒暖差が激しい山村でゆっくりと成長したこんにゃく芋から作られたこんにゃくが有名です。わさび漬けというとかす漬けが思い浮かばれるでしょうが、山口県ならではのしょうゆ漬けになっています。わさびの葉や茎が一緒に漬けられて歯ざわりも良く、ごはんに欠かせないおかずとなるはすです。こんにゃくはオーソドックスなお刺身こんにゃくの他、烏賊刺し風のものやそうめん風などアイディア満載の商品です。さらに錦町の地元のヒノキを使った「ひのきオイル」は、ハンカチに数滴垂らし寝る前に枕元へ置くことで、リラックス効果を得られぐっすり眠ることができます。またこのヒノキを使った葉書「殿様はがき」や地元の野菜を漬け込むだけで簡単にピクルスが出来るセットも販売されています。そして錦町で育ったハーブを使ったハーブティには「リフレッシュブレンド」と「リラックスブレンド」があります。海-イルカ

ドライブ経路を決める方法

みなさんは山口県をご存知でしょうか。本州の最西端にある県で、車で九州にも渡れる事で知られています。中国地方の端にあり、古くから歴史的にも沢山の出来事があった場所としても有名な県です。こちらには多数の歴史的文化財が保存されており、観光客がそのような所を目当てにやってきたりもしています。この県をドライブするのであれば、そのような所を目的として経路の計画を立ててみるのも良いのではないでしょうか。県内全域を回るとなれば、かなりの日数が必要になるかも知れません。何気に山口県は観光名所が多い所でも有名ですから、何かに目的を絞ってドライブを楽しむのが良いと思われます。大自然を目的にするのであれば、カルスト台地としても有名な秋吉台を目指して行くのも良いでしょう。ちょうどドライブをする場所としては非常に適していますから、かなりこちらはお勧めと言えるかも知れません。その他にも歴史的な事に触れたいという気持ちがあるのでしたら、萩市を訪れると良いでしょう。今でも城下町が市内に保存されており、当時の様子が見られます。吉田松陰先生の松下村塾も保存されていますので、多くの観光客が押し寄せてくる事でも有名な土地です。海09

あさひのおすすめドライブプラン

2013年にリニューアルした道の駅あさひ。山口県萩市と防府市を結ぶ国道262号沿いにあります。
かつて江戸時代に整備された街道のひとつ「萩往還」で、旅人の疲れを癒す御茶屋や宿場町として賑わった場所です。
周辺にはその史跡もあり歴史を知ることができます。
施設では周辺の特産物である佐々並豆腐、明木味噌、明木醤油や上質のコシヒカリ、野菜や果物、竹炭、木工品、草木染等多種多様な商品が並んでいます。
レストランでは、それらを使った定食やデザートを頂くことができます。
見蘭牛やむつみ豚のカツカレーはさることながら、1日10食限定の佐々並豆腐を使った豆腐ステーキはヘルシーで女性には特に人気メニューです。
定評のある佐々並産コシヒカリのふっくりしたご飯はお代わり自由なので、たっぷりと頂けます。
また、萩はドイツのユーリンゲン・ビルゲンドルフと姉妹都市ということもあり、施設にはドイツソーセージやジャムやお菓子、
ドイツらしいぬくもりのある木のおもちゃや雑貨が販売されており、日本にいながらにして異国に旅した気分も味わえます。
道の駅あさひへ足を運べば、江戸時代より続く歴史と異文化の空気を同時に体験することができるでしょう。海08

きくがわを日帰りで味わい尽くそう!

山口県の道の駅で人気が高いのは、きくがわです。駐車場やトイレの管理が行き届いている道の駅は、ドライブ旅行では欠かせない立ち寄りスポットです。観光の拠点として情報が集約されているので、おみやげや地域の特産物の買い物や隣接するレストランでは食事もできます。突然の天候の急変などのときに安心して利用ができる施設ですから、女性の利用客が特に多くなっています。人気が高い道の駅きくがわの特産物で売れているのはイチゴとはちみつです。レストランでは合鴨のメニューやキクイモを麺に練りこんだサラダなどもあります。この道の駅の利用の傾向は、近くの観光スポットを利用して日帰りで楽しめる計画を立てて立ち寄る人が多くなっています。往復でも1時間という手軽な行程が人気の中山渓は、自然の遊歩道を気軽に散策できるので夏は涼しく、秋は紅葉が見られて魅力です。また、温泉場としても菊川は楽しめるので、あちこちにあるリーズナブルな温泉プールや露天風呂付きの公衆浴場などに訪れる人も多くなっています。温泉の質はナトリウム炭酸水で、神経痛などに効く水質です。また、周囲には名水が多く、自由に持ち帰りができる湧き水スポットもあるので、ペットボトル持参で行くとお土産にできます。海07

サザンセトとうわに行くなら・・・??

サザンセトとうわは山口県東部の周防大島にある道の駅です。
サザンセトとうわへのアクセスは
山陽自動車道玖珂ICを降り、柳井方面へ行きます。
1~2分ほど走ります瀬田工業団地入口交差点の道路標識に大島大橋方面の表示があります。大島大橋に向かうように左折をします。(ローソンが目印になります。)
しばらく走りますと国道437号にでます。道路標識に大島大橋と表示されています。大島大橋に向かうように左折します。国道437号は周防大島に直結した国道で島内の唯一の国道です。サザンセトとうわは国道437号沿いにあります。玖珂インターから大島大橋まで約30分。大島大橋からサザンセトとうわまでは20分くらいかかります。
サザンセトとうわには、瀬戸内海の新鮮な海産物や周防大島の農産物の販売をしている直売所。レストランとカフェもあり、ランチには瀬戸内海の新鮮な海産物の定食、カフェタイムにはみかんの島で有名な大島名物の柑橘系のシフォンケーキがあります。また、周防大島は瀬戸内のハワイといわれ、白い砂浜、やしの木、透明度の高いコパルトブルーな海水浴場が点在し、夏の海水浴シーズンは賑わいを見せます。また、久賀港から出航する前島への定期船「連絡船くか」に乗ると、片道約20分の船旅「瀬戸内クルーズ」を楽しめます。クルージングでスナメリウォッチングができます。海06

ゆとりパークたまがわツアーマップ&ガイド

ゆとりパークたまがわは、山口県最北の道の駅です。国道191号線沿いの、山口県と島根県の県境にあります。
この付近には田万川温泉「憩いの湯」や、「RVパークたまがわ」というキャンピングカー専用の施設もありますので、レジャーを満喫することもできます。
県指定文化財として有名な、西堂寺六角堂をモチーフとした、六角形の屋根を持つ交流促進センターを中心に、レストラン、特産品直売店があります。
この地ならではの海の幸、山の幸を扱った特産品直売店ではお土産を選ぶのに最適です。
りんごや、桃、柚子の産地である、小川地区が近くにあるため、これらの果物のジュース、ゼリー、ソフトクリームなどの加工品も豊富に取り揃えています。
特にリンゴの果肉入りソフトクリームは絶品です。
またここでは、しけの日以外であれば、その日に釣れた新鮮なお魚がお昼過ぎに入るとのことです。
さらに、「新鮮館」には採れたばかりの野菜の直売を行っています。
販売は競り方式になっていますが、一般の方でも参加自由ですので、一度チャレンジしてみるもいいかもしれません。
山口県のご当地グルメが、めいっぱい楽しめる道の駅、それがゆとりパークたまがわです。
一度遊びに行ってはいかがでしょうか。海05

そうだ!山口県に出かけよう

 山口県にはドライブで楽しむことができるスポットがたくさんあります。まず、関西方面からアクセスがいいのは岩国の錦帯橋です。木造のアーチ橋でポスター写真にも使われることの多い名所です。岩国は岩国れんこんも有名であると同時に天然記念物に指定されている白蛇も見学することができます。
岩国は関西方面からドライブの際に最初に行き着くスポットですが、ここから日本海方面へ足をのばすか、瀬戸内沿いを走るかでスポットが変わってきます。日本海側であれば、見逃せないのは萩です。維新志士である吉田松蔭をはじめ、高杉晋作、久坂玄瑞など多くの志士たちにゆかりのある土地であると同時に、温泉地でもあります。さらに九州方面へ進めば長門温泉にもたどり着き、日本海側コースでは角島大橋が絶好のドライブスポットです。全国的にも有名で、海の中を走る離れ島の鳩島へとつながる橋です。自動車CMでも使われるほどの絶景スポットです。内陸、太平洋側では中原中也生誕の地であり、SL「やまぐち」の途中駅でもある湯田温泉、工場夜景都市として有名な周南市、日本最大級の鍾乳洞である秋吉洞を抱える秋吉台など、心地いい瀬戸内の海と風を楽しみながらめぐることができる名所が目白押しです。そして、日本海側・瀬戸内側ともに行きつくのが関門海峡ということになります
各スポットは県内に散らばっているので、関西方面からだけでなく、九州、空港など、スタート地点からうまく予定を立てるようにしましょう。海04