最近の投稿

9月, 2015

カーナビの不具合?完璧に信じてはいけない理由とは

カーナビを完璧に信じていけない理由は、2つあります。
1つ目は、コンピューターは最短ルートは教えてくれますが、最善ルートはわからないという所です。最近では過去の情報やリアルタイムのデータを反映させて瞬時に最善ルートを教えてくれるナビも登場しているようですが、一般的なシステムはまだ最短ルートの検索しか出来ません。例えば細くて運転の難易度が高い場所であったら、最短ルートとしてそちらに誘導されてしまいます。仮に運転免許取り立ての腕に自信のないドライバーが乗っていたとしても、あくまでそちらが最短だから、という理由だけで誘導されてしまうという事です。また、車のサイズを測って教えてくれるわけでもないので、大型の車を狭い道へ誘導してしまう可能性もあります。
2つ目は、トラブルに瞬時に対応できない事です。スマートフォンのナビアプリなどであれば瞬時に端末を持っているユーザーからの情報が集約され、最善ルートを検索できる可能性があります。しかし、そういったリアルタイム情報がいかなければ、目の前に津波が迫っていて道がなくなっていても、その道を走るように誘導されてしまう可能性があります。地震などの大災害の時には特に困ります。

細かい条件が設定できる!カーナビを活用して自由自在にルートを組もう

車にカーナビをつけている人はたくさんいます。これのおかげで迷子になることも少なくなったと思って、ほっとしながら活用している人も少なくありません。地図を見ながら目的地を決めて道順を決めていた時代もありましたが、カーナビがあればルートはナビが自動的に決めてくれたりします。最近のカーナビはかなり高性能になってきていますので、道の探索や条件設定をする時にも詳細に決められます。例えば、ナビ自身がおすすめするような道順もあれば、なるべく最短距離で行ける道を示してくれたり、有料道路を使うかどうかを検討した上で複数の選択肢を出してくれますから、自分はそれらから選ぶだけで進む道も簡単に決められます。ナビによっていろんな条件をつけていくことが出来ますので、今後新しく利用をする時にはナビそのものの機能がどうなっているかも良く確認しておくといいでしょう。早く到着したい時もあれば、のんびりとドライブを楽しみたい時もあります。その時々の運転状況に合わせた道を探せるようなナビも増えてきています。値段で確認をするだけではなくて、条件も詳細に決めることが出来るかどうかや、画面のみ安さなどいろんな観点から考えてナビを選んで使っていきましょう。

音声案内と操作で迷子知らず!

スマートフォンを活用すると、音声認識機能で音声案内と音声操作を行う事も出来ます。
ハンドルを握って前を向いたままナビに話しかければ、目的地の検索やルート検索までしてくれます。正確な場所や住所を言わなくても、例えば「家族で遊べる場所」というような曖昧な指定でも、最適な場所を検索してナビしてくれます。
この音声認識の仕組みは、地点情報のデータベースと音声認識データベースで、それぞれ独立したクラウド型データベースを使っているのが特徴です。
マイクから音声を拾いサーバに送信して、カーナビとスマートフォンをBluetoothdで繋ぎます。さらにスマートフォンからの情報がインターネットに伝えられ、地点情報のデータベースサーバと音声サーバを繋ぎ、こちらに適切な案内をしてくれます。音声情報で依頼して、地点情報サーバが情報を返してくれる両方向のシステムになっています。
単語だけではなく対話型で検索できる物もあり、何千種類の検索キーワードの組み合わせにも対応できるようになっています。
ほとんどナビと対話するだけなので、操作画面を見ながらの手動入力の手間がなくなります。迷った時に瞬時に聞くことが出来るので、迷子にもなりにくいです。

これなしでは生きていけない!カーナビが便利な理由

カーナビは便利です。特に知らない土地で運転士無くてはならない場合は絶対必要と考える方も少なくないようです。そんなカーナビですが、最新のカーナビではさまざまな付加価値がついています。その代表が、渋滞情報の取得です。これまでも電波を利用して渋滞情報を表示することはありましたが、LTEや3Gなどの携帯電話回線を使ってデータを取得することでさらに遠くの渋滞情報も取得し、更に詳細なデータとして表示されます。また、ほぼリアルタイムに書き換えが行われることもあるため、渋滞情報の精度が格段に上がっています。次にカーナビの音声認識機能があります。ボタン操作が必須と思われていましたが、音声による指示でルートを表示したり、現在位置を確認するなどができるようになり、これまで以上に運転に集中できるようになっています。カーナビは日々進化していますが、進化は道路状況を取得する技術の発達もあります。さらに、携帯会社の回線を使ったデータ取得に対応したことでDVDなどで更新したデータしか表示できなかったカーナビから、随時、周辺の道路状況を取得してドライバーに最適な情報を提供できるインテリジェントなカーナビに進化が進んでいます。

カーナビゲーションを使いこなそう!ちょっと得する使い方

カーナビゲーションは新車で取り付けるオプションでもっとも人気があるようですが、標準搭載されている車両も増えています。それほど魅力的なカーナビですが、一般的に使い方が難しいと言われることがが多いようです。しかし、多くのカーナビがあるポイントを守れば使いやすくなることをご存じない方が多いようです。そのポイントとは、現在位置と目的地の設定をしっかり学ぶことです。カーナビの場合h,現在地はGPSですぐに測定してくれますが、カーナビによっては現在位置をボタンで表示するタイプもあります。また画面の上が北なのか、車の進行方向が上なのかはカーナビ次第です。もし、画面の上を北にしたいなら設定を最初にいじっておくことが大事です。自分の現在位置をしっかり把握できたら、目的地を設定します。この時注意したいのは、目的地については電話番号や郵便番号も調べておくことです。カーナビの多くが電話番号や郵便番号でも検索できるようになっているためです。目的地まで設定できたらあとは案内どおり進みます。この時、指定された道路から違う道路を進んでも焦らないことです。カーナビの多くがサイドルートを決定してくれますからしばらく走れば戻れるように、もしくは違うルートを教えてくれます

オンダッシュ型に向いている人とは?

オンダッシュ型はカーナビの中でも奪取ボートの上にモニターを取り付けるタイプです。
このタイプが向いている人としてまず挙げられるのは、自動車に搭載できるカーナビのサイズが限られている人です。
カーナビを取り付けるオーディオスペースの間口としては大きく分けて1DINと2DINがあります。
1DINの場合は高さが50ミリ、2DINの場合は高さが100ミリとなっており、ダッシュボードの中にカーナビを取り付けるのであれば2DINが向いていると言えますが、自動車によっては2DINのスペースが用意されておらず、ダッシュボード内部に取り付けられないことがあります。
そうした人の場合だとモニターサイズが限られてしまうことが少なくありません。
しかし本体を助手席下側に置いてモニターだけをダッシュボードの上に置くこのタイプだとモニターサイズをある程度自由に選ぶことが出来ると言うメリットがあるのです。
また気軽に搭載したいという人や、自動車を買い換える予定があるという人の場合にも向いています。
オーディオスペースの間口に関係なく取り付けることができますからメーカーや機能だけを見て選ぶということができますし、オーディオ機器を取り外さずとも付けられるということは大きなメリットでしょう。

インダッシュ型が断然オススメな理由とは

インダッシュ型は、カーオーディオなどを収めるために車内に設けてあるスペースに取り付けるタイプのカーナビです。そのため、車内にもともとあるスペースを有効に活用することができます。FMラジオやCD/DVDの再生に対応しているものも数多いので、愛車のオーディオ機器として活用することもできます。種類が豊富で様々なデザインやサイズや機能があるので、実用性だけでなく愛車のデザインや乗り手の好みに合わせて選ぶこともできます。見た目の特長としては、カーナビが飛び出すことなく元々あるスペースにすっきりと収まるので違和感がなく、スタイリッシュでスマートであることも挙げられます。
さらに、使い心地にも優れています。ダッシュボード上に取り付けるオンダッシュ型に比べてこちらは嵌め込み設置なので、安定感があります。そのため、走行中にガタガタと揺れることがありません。視界の端でチラチラ揺れて気が散ることもありませんし、不意に画面が動いたり留め具が外れて落下してしまうようなこともありません。また、フロントガラスから下がったところに設置するので逆光を受ける心配がなく、常に画面が見やすいので、画面の確認に時間を取られることがありません。さらに、設置位置が低いため運転中でもスムーズに操作することができ、ハンドルやギアから手を放す時間も距離も少なくて済むことから快適性や安全性も増します。スマートな使用感で走行中のストレスを軽減できる上に、停車中も車内空間をスタイリッシュに保つことができるのでオススメです。

オーディオ一体型のメリットとデメリット

カーナビも昔に比べればだいぶ使い勝手も良くなってきて、地図よりナビに頼りきりという人も少なくありません。最初に選ぶ時には、いろんなタイプがあるので迷うとは思いますが、人気があるのはオーディオ一体型です。このタイプはその名のとおりオーディオを無くしてしまって、ダッシュボードに埋め込んで使うようになっています。その為、外観もすっきりしているのが特徴です。車種によってはスペースが確保できない可能性がありますので、欲しい商品がある場合には一度販売店と相談してみるといいでしょう。オーディオも一体化していることで音質も良くなっていますし、HDDが内蔵されているタイプが多くなっているので、多機能なところもポイントが高いです。外部メディアとも接続して使っていけるタイプもありますので、購入の際には使用も確認しておくとさらに満足できるカーナビに出会えるでしょう。メリットもたくさんありますが、場合によっては少し画面が見難かったり、操作がし難い事もありますので、操作などが出来るようであれば触らせてもらうと失敗しません。一体型ならではのカーナビの良さは、安定感のある使い勝手があるところですから、店頭などでも実物をよく見てじっくり選んでみて下さい。

カーナビの種類と歴史

車にあったら嬉しい装備として、カーナビは良くあげられます。地図を見るのが苦手だという人でも、ナビがあれば運転をするのもだいぶ気楽にできる様になったということも多いです。今はスマートフォンやタブレットもありますので、それも併用しながらドライブに出かける人もいます。そんなナビも進化してきて、種類も格段に増えてきました。大まかに分けると、オーディオ一体型のものと、インダッシュ型、オンダッシュ型にポータブルナビとかなりたくさんあります。ポータブルタイプに関しては車に取り付けるのが簡単ですし、機能も向上してきたので人気が高まってきています。メモリータイプで種類を分けることもありますが、HDDタイプやメモリータイプ、そしてスマートフォンなどをナビ代わりにするなどです。より精細なナビを望むのであれば、大容量なHDDタイプを購入すれば安心出来るでしょう。いろんなタイプのナビがありますので、車購入時に取り付けるのか、それとも後から市販品を購入するのか良く考えましょう。ナビで音楽を聴いたりDVDを見たりすることも出来ますし、市販品でもかなり高性能なものが増えていますので、見積もりを取ったりしながら機能も比較していくと分かりやすいです。

カーナビゲーションの基本情報

カーナビゲーションが一般化しつつありますが、最近のカーナビは機能が充実しているため、分かりにくいという意見もあるようです。カーナビについてはいくつかのポイントを抑えておけば最低限の動作はさせられます。1つ目は現在位置と目的地の設定はとても簡単であることです。現在位置はGPSで決められますが、GPSからのデータ受信が精度がよくなったこともあり、追加設定無しで現在位置を教えてくれます。目的地については住所検索や地図での検索の他に郵便番号と電話番号にも対応してきているので探しやすくなりました。2つ目はリルートの機能が充実したことです。以前のカーナビはルートから外れるとルートに戻そうとしましたが、現在では設定しだいではありますが、間違えたルートを使って目的日最短でつけるようにルートを作ってくれることが多いようです。3つ目は道路情報表示が細かくなったことです。以前は3車線以上の道路も一本の道路として表示することが多く、高架橋やトンネル、5車線道路などは対応出来ていないことが多かったようです。また、交差点表示についても、右折レーンを適切に表示してくれるようになり、渋滞情報と合わせてひょうじできるようになったこともとても好評な点です。花05