最近の投稿

8月, 2014

中古車査定に必要な書類一覧とは

中古車の売却では、売却を予定している中古車を買取店の専門スタッフが実際に見た上で買取金額の見積もりを出す「査定」の作業が最初に行われます。ユーザーは査定員から見積もりを聞き、納得すれば買取店との間で売却の手続きをとることになります。
中古車を査定に出す際に大抵の買取店で必要なものとして指定しているのは、自動車検査証(車検証)と身分証明書です。車検証は通常、車の車種や型式、サイズ、重量、走行距離、登録年月日などの情報が記載されていますが、これらは売却を予定している車の査定額を算出する際に重要な情報となります。また、車検証は車の査定時だけではなく、その先の売却手続きにおいても必要なものの一つですが、そもそも車の運転時には携帯するよう義務付けられているものです。何らかの理由により紛失・破損した場合はすみやかに車検証の再交付の手続きをとりましょう。
身分証明書は、車を保有しているのであれば運転免許証を所持しているはずなので、これを査定の日に提示できるよう準備しておけば良いです。
なお、車の売却手続きでは、車検証以外にも自動車賠償責任保険(自賠責保険)証明書や印鑑証明書など、多くの書類が必要となります。査定の段階で既に中古車を売却する考えをかためている場合は、この段階で売却手続きで必要となるものも予め準備しておくと良いでしょう。

車体のキズや事故歴の報告

車を売却しようと考えている時、買取業者に依頼した場合はその状態をしっかり確認の上、買取価格をつけます。基本的な買取価格というものは車種や年式によって大体決まってきますが、この場合の料金と言うのは大体無事故で修理歴のないものが一般的です。ですから車の売却には車体のキズや事故歴の報告が大切になってきます。
このような報告をしなかった場合でも、綿密に車買取業者から確認が行われた際に損傷があった場合、車買取業者はその専門性から事故の可能性も知っています。車体は外側から見れば修理した跡が分からない場合もありますが、車の内側から見れば修理をした形跡が残っていることはよくあります。このような事実があった場合は車買取において、高い料金の買取に慎重になり高額な買取が難しくなってくることもあります。
やはり買取前に事故歴などは報告しておくのが良いでしょう。修復歴があれば査定額は減額となりますが、買取をしてもらえないわけではありません。市場によっては海外で中古車として販売されることとなれば高額で買取が行われることもあります。出来るだけ高い料金で車の買い取りを行うためには、複数の車買取業者から見積もりをもらって買取価格の比較を行うと良いでしょう。

売却査定前の清掃は必要不可欠

自分が大切にしてきた愛車を手放すときには、できればなるべく高い価格で評価をしてもらい、売却したいものです。
現在では、車の一括査定をしてもらうことができるようになっています。インターネットや電話などで申し込みをして、年式・走行距離や車種、色などの情報から、リアルタイムで概算が出ることもありますし、複数業者から査定額の提示がメールや電話でくるのです。その詳細については、現物を見てからになるので、買取業者の店舗や出張で見てもらうことになります。
その時に気を付けたいのが、車の状態を少しでもよく見せるということです。車の外見も大切ですが、内装についてもきれいにしておくことが必要になります。ですから、きれいに洗車をしておき、さらには車内も掃除機などで清掃をしておくとさらに価格がアップすることでしょう。
買取業者によっては、かなり価格にだが出てくるものです。倍くらいの違いが出ることも有ります。これもその業者の流通の状態によって、強いメーカーと弱いメーカーなどがあるからでしょう。
なるべく高く売るためには、外見はもちろんのこと、内装もきれいにしておきましょう。一般的に、禁煙車の方が好まれ、高値がつきます。

中古車をすこしでも高く売却する際のコツ

中古車を買取業者へ販売する際、買取業者は車種や年式をはじめ、車両の詳細な状態などの独自の評価基準を基に査定を行い、実際の買取額を提示します。
そのため、中古車を少しでも高く売却したい場合には、買取業者が設けた査定の基準についてのある程度の知識を持っておくことが重要なポイントとなります。
ベースとなる査定金額は車種や年式によってある程度決まっているため、この部分については手を施すことはできませんが、実際の買取金額を上げるためには、車両の状態を少しでも良好にしておく必要があります。
最も簡単に行うことができる方法としては、内装や外装の細かな傷や汚れを可能な限りなくすことが挙げられます。
こうした作業は自宅にある道具やカーショップなどで販売されているグッズがあれば簡単に行うことができるため、それほどコストをかけずに金額のアップが見込めます。
ただし、車両の状態は良好であるほど査定金額はアップするのは事実ですが、必ずしも新品同様の状態にすれば良いというわけではなく、補修作業はアップした金額に見合うコストの範囲内で行う必要があります。
例えば大きな傷や凹みなどについては、専門の工場で修理を行えば査定金額は間違いなくアップしますが、修理にかかったコストがアップした査定金額を上回る可能性が高く、こうした場合では事前に修理を行うメリットはなくなってしまいます。

専門業者に売る場合のメリット・デメリット

車のユーザーが新しい車を購入した時に利用する機会が多いのが中古車販売店の買取サービスや買取専門業者の買取サービスです。
買取価格は中古車市場の相場によって日々変動しています。
その為、ユーザーが今乗っている車の車種やカラーや年式など様々な要素を使って業者のサイトで調べることで、業者が設定している買取価格をある程度知ることが出来ます。
専門業者に売る場合のメリットは、業者は中古車に関して知識を持っている為、ディーラーよりも細かく査定をしてくれて車の価値に適した価格を提示してもらえるということです。
専門業者に売る場合のデメリットは、数多くある業者からどの業者を選択するべきかを考えることです。
専門業者はディーラーよりも他社の車の知識を持っていますが、得意分野や不得意分野があるので、どの業者がどのメーカーの車に強いのかを調べておく手間が掛かります。
また、業者は直接売買を行なっている場合、オークションを使って販売している場合など中古車を販売するルートによって価格が変動してきます。
色々な業者を仲介していくと、それだけ買取価格が安くなってしまうので、直接売買を行なっている業者を探して買取を行なってもらった方が得です。

少しでも高く売りたいなら専門業者へ

買い替えによって大切な車を手放す時にディーラーに下取りに出す事もあるものですが、時には損をする売却になってしまう事があります。
その理由としては、例えばオプションには価値を付けてもらう事ができないからです。
愛車にブランドホイールや人気のカーナビ、エアロなどを装着している事もあるものですが、ディーラーの場合ですと、そういったオプションには価値を付けてくれない事が殆どです。
その為、安易に下取りに出してしまうと安値で売ってしまい損をしてしまう事があるのです。
では、高値で売る為にはどうすれば良いのかという事ですが、できれば買取専門業者に依頼した方が良いと言えます。
専門業者の場合ですとオプションもしっかりとチェックしてくれますし、オプションが豊富に装備されている場合ですと高値で引き取ってくれる事もあります。
また、リアルタイムの相場情報を元に買取価格を提示してくれますので、適正価格で売却する事ができます。
因みに専門業者に売却する時には比較をした方が良いと言えます。
専門業者はいくつも存在しますが、やはりそれぞれの業者で価格の付け方は異なりますし、時には大きく差が開く事もありますので、複数業者から査定を受けてみる事が大切です。

ディーラーに売る場合のメリット・デメリット

クルマの買い替えの際に、中古車の処分をどうするかを決めなければなりません。処分の方法には主に下取りしてもらう方法と買い取ってもらう方法の2通りがあります。下取りというのは、新車を購入するディーラーに、中古車を買い取ってもらうことを言い、昔からよく行われてきた中古車の処分法です。

下取りにはメリット、デメリットの療法があります。メリットはまず買取に比べると簡単であるということです。二つ目に新車を購入してもらいたいために、下取り額に色を付けてくれることがあるということです。中には廃車にせざるをえないような状態のクルマであっても、何とか値をつけてくれることが多いです。その間、お客さんは特に何もする必要がなく、中古車を買い取ってくれるのは大変ありがたいことです。

しかし、デメリットもあります。それは彼らは新車を売るのが専門であり、中古車を買い取るのには不慣れであることが多いことです。また、新車を安く見せるテクニックとして、中古車の下取り額の一部を新車の値引きに回すということもあるようですので、注意が必要です。これらの問題を避けるためにも、中古車は買取専門店で売却してしまうほうがわかりやすくてオススメです。

 

 

買い換えとディーラー

自分の車を手放さなければならなくなってしまったときには、なるべくなら高く売却したいものです。しかしながら、車の買い替えにともない安易にディーラーでの下取りをしてもらうことを考える方もおられますが、なかなか高く評価してもらえないというのが現実です。主にそのような会社では自社製品の新車の販売に力を入れていますので、中古車の買取りに関しては消極的です。また、買取査定の厳格な社内基準が定められていますので、なかなかその車に価値があったとしても一律に判断されてしまい融通が利きません。さらに、年式が古かったり、走行距離が多かったりすると、十分にまだ使用できる車であったとしても、廃車にすることをすすめられてしまい、そのための費用として数万円の支払いが求められることさえあります。
ですから、そのような会社での下取りを考えているのであれば慎重に行う必要があります。その点で、中古車買取業者は中古車の買取りを専門に行っていますので、中古車を貴重な商品としてとらえて、大切に取引してくれますし、高値での買取が可能となっています。中古車の売買に関してはそれだけの多くのノウハウや信頼や実績を構築していますので、安心して取引ができおすすめです。

廃車にする前の知っておきたい車のアレコレ

自分の車の処分に困ることがあります。事故車になったり、古くなったりすると、もう廃車にするしかないと考えて自分で廃車にしようとする場合があるかもしれませんが、廃車にするためには多くの費用がかかることを覚えておく必要があります。
そのためには登録抹消手続きのための費用や、解体費用、さらにはリサイクル料金を支払っていなければその支払いも求められることになります。ですから、単に車を処分すると考えていたとしても、そのことには数万円の出費を計算しておく必要があります。
それで良い選択となるのは廃車買取を中古車買取業者に依頼することです。廃車の買い取りを行っている業者は廃車にするような車でもそこに価値を見出しています。ですから、しっかりと査定して判断してくれます。その車が使用不能であったとしても、丁寧に解体されその部品は新品同様に再生されて商品になります。とりわけ海外においてもそのような部品は大変需要が高くなっています。
それで、もし廃車にする際には買い取り業者に相談することは賢明です。インターネットを活用するなら買い取り業者に関してリサーチすることができますので大変便利です。廃車にするなら売却することを考えるべきです。